「チャットワーク」vs「slack」どちらがプログラマにとって使いやすいか?

      2017/10/02

スポンサードリンク




■どちらが良いのか

 

 

前職でslack使用していた私が
新職場にてチャットツールを使用していなかったので、
とりあえずすぐ慣れそうなチャットワークを推薦。

しばらく使用してみた結果、独断と偏見で比較します。

プログラマ同士のコミュニケーションツールとして必須になってきているチャットツール、
果たしてどちらがいいのか!しっかり比較してみました。

■チャットワーク

 

 

http://www.chatwork.com/ja/

メリット

・日本語でわかりやすい
・タスク管理機能自体はgood

デメリット

slackより機能が劣る…

コメント

何よりも日本語という安心感が良いです。

前職で、slackを基本的に使っていると聞いた時、
自分のアイコン一つアップロードするにも苦労したものですが、
さすがは日本語(?)のチャットワーク、迷わず使う事ができます。

slackを使った事があるからというのもありますが、
その前歴がなくても職場の方はなんとなく使えているようです。

チャットツール初心者に優しいツールと言っても過言ではなさそうです。

しかし、プログラマ目線から見て、
機能的にどうしても劣りを感じてしまう内容となった。

■slack

 

https://slack.com/

メリット

・グループ全体へのメンションが有る(※1)
・リアクションボタン有り(※2)
・スニペットが便利(※3)
・データが追いやすい(画像有りにして、それにぶら下がるように追記すると、何に対しての返信かわかりやすい)

デメリット

英語…

コメント

思い返してみれば、
slackってめちゃくちゃ便利でした。

というかslackの売り出しの経緯を見ればわかるのですが、
プログラマ達のコミュニケーションツールだったようで、
なるほど、プログラマのためのツールだなと思えるツールです。

コードを載せる為のスニペット、人に呼び掛けるためのメンション、
履歴の見易さなど、さすがといえます。

英語しかないのは痛いですが、
誰かが日本語パッチでも作ってくれれば最高すぎまする。

■総括

結果として、総じてslackに軍配でした。

何故ならば、
slackにあったあの機能チャットワークにないのかな→検索→ないんだ…
が多かったです。

基本的な機能はプログラマであれば慣れますので、英語であることを差し引いても、slackがオススメです。

つまりっ!
ドンッ!!
“プログラマはslackが良いかと思われます!!!”
※1
チャットワークの場合は
例)
TO:Aさん
TO:Bさん
TO:Cさん
グループへのメッセージ
という風に全部出さなければならない。邪魔。
※2
チャットワークの場合は機能がない為、
例)
Aさん「今週はトイレ掃除無しです」
Bさん「了解しました。」
Cさん「了解しました!」
Dさん「了解ー」
見たいなことが起きてしまう。
返事じゃなくて、ただリアクションがあればいい時がある。
※3
チャットワークでは
[code]
call hogehoge
[/code]
これでくくってあがないといけない。
インテリセンスで出てくるわけでもなく、いちいち打ち込むの面倒。



----------




今回もお忙しい中、
記事をお読みいただき誠にありがとうございます!!!!!

これらの記事がなにかしらの役に立てたらば幸いでございます。



オラオラオラアッ!!!





メルマガでしか話せない事発信しています。



今なら登録特典プレゼントあります。

僕が何故インターネットビジネスを始めたのか…

⇒詳しくはコチラをクリック





 - 仕事