正に決めて断つ!決断のすごい力とその訳!

      2017/10/07

スポンサードリンク




正に決めて断つ!決断のすごい力とその訳

 1.決断しよう

どうもこんにちは!ヒロタロウ(@hirotarou7777)です!
「決断」って、なんでしょうか?
読んで字の如く、物事を決めて、断ちます。
何を断つか、”迷い”です。
言い訳をする為の”逃げ道”です。
「収入は欲しいけど、インターネットビジネスとかまだ良くわからないし、副業として月1万もあればラッキーかな。」
「後発だし、時間もあんまないから稼げなくてもしょうがないかな」
ではいけません。
「もーーーーーう、決めた!!俺は!絶対の絶対に!!月20万の収入をネットビジネスで得るぞ!!絶対の絶対の絶対の絶対だ!!!」
と決めて下さい。
これ、ものすンごいィィィィィィィ大事なんです。
K氏のメルマガでも決断の大事さを物凄く語っていました。
成功するかしないかの差は、”決断”しているかどうかです。
決断して、自分自身へ宣言してください。

2.何故決断??なにがそんなに大事なの?

レストランに行ったときに、
「ごはんならなんでもいいので運んで来てくれ~」
と願っていて、果たして好きな食べ物が運ばれてくるでしょうか?
来ませんよね。
「生姜焼き定食、ご飯大盛り、大根おろしトッピングで、あとコーヒー一つ、食前で。」

こんなに明確に指定しますよね。

「あとコショウお願いします。」
ほらね。
目標もこれと同じなのです。
「海賊王に、俺はなる!!」
ワンピースにて、ルフィは高らかに宣言をし、決断しています。
「必ず君の悪事を暴いてみせるッ!!!」
ジョナサン・ジョースターはディオの毒薬を片手にロンドンの貧民街へ単身旅立ちます。
「俺がチャンピオンだ」
これは誰でしょう、わかりません。
「街の平和は俺が守るよ、おじいちゃん」
仗助は死んだおじいちゃんへ宣言し、決断します。
人は物事を決めると潜在意識がそれを認識して、やる気どうこうではなく、「習慣」そのものを変えてくれます。
その習慣が最終的に成功へと導いてくれます。
「七つの習慣」メールマガジンでも、
①決断をし、自分自身へ宣言をする。
②何故それをしなくてはならないかを洗い出す
③今、何をすべきかを書き出す
④これらを定期的に見直す
これらの行為を行う事により、
潜在意識が認識してくれ、目標達成へと導いてくれる、と

ジェームズ・スキナー氏が言っておりました。

簡単なのでやってみて下さい。
案外、②、③まではやらないんですよね。
「あ、太って来た、ダイエットしなきゃー。」
位のもんです。

そんなあやふやじゃ痩せるのは難しい。

何故痩せなくてはいけないのか?
今、痩せるために何をしなくてはいけないのか?
これを明確にするんです!!!

3.さぁご一緒にケツケツダンダンしようぜッ!!

ちなみに僕は以下の様に書き出してます。

①宣言

もう絶対にお金がない状態は嫌だ

②何故嫌なのか?

自分が本当にやりたい事ができない
朝、早く起きたくない(正確には、好きでもない事の為に起きたくない)
やりたい事だけをする生活をしたい
小さい頃夢見てた事を実現したい
欲しいものを我慢しないで買える生活がしたい
更に多くの学びを得たい
自分の好きな事をせずに我慢して諦めて死んでいくのはもう死んでるのと変わらない
もっと人生を心の底から楽しみたい
笑い続けたい
精神的に安定を得たい
お金がない事でイライラしたくない
お金がない事で落ち込みたくない
よく考えたら、心から楽しい事ってしてない、これをやりたい
ワクワクする時間を増やしたい
妻を休ませてあげたい
妻が仕事で倒れてしまう
妻がストレスで疲れてきっている
妻に時間をあげたい
子供といる時間(今しかない時間)を増やしたい
子供へしてやれる事の後悔をしたくない
子供への教育の選択肢を増やしてあげたい
子供へ将来の幅を狭めたくない

③今何をすべきか?

インターネットビジネスで、稼げる方法を実践し実際に給与以上の不労所得を得る事
そのためにブログ100記事作成
教材の購入
師匠の選定
作業時間の確保
実際に稼いでいる人を参考にする
本を読み、お金の知識、成功するための知恵を得る
楽しく仕事している人を探す

総括

案外できてるようでできていない決断。
これが、今後の人生を変える事間違いなしです。
是非是非、やってみてください。
そして、自分が決断する理由も明確にして下さい。
一緒に頑張りましょう。



----------




今回もお忙しい中、
記事をお読みいただき誠にありがとうございます!!!!!

これらの記事がなにかしらの役に立てたらば幸いでございます。



オラオラオラアッ!!!





メルマガでしか話せない事発信しています。



今なら登録特典プレゼントあります。

僕が何故インターネットビジネスを始めたのか…

⇒詳しくはコチラをクリック





 - マインド