30代システムエンジニアが妻と子供2人と自由で幸せになるためにがむしゃらに行動するサイト

必見!明太子で人を失神させる根拠ない事実

2018/04/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!ヒロタロウです!

現在会社員である私がネットビジネスで自由を手にするまでの軌跡を描いたブログです。

会社に依存する事なく、生活に困ることのない金銭を得て、家族との時間を今よりももっと大切にできる事を目標とし、人生をよりよいものにするため日々頑張っております。

そして、このブログが、過去の私と同じ状況である人達の励ましになる事を心から祈っております。

そしてそして、私自身、日々楽しく笑いながら生きます!

生ぎるッッ!!

詳しいプロフィールはこちら

 

「もうちょっとだ!待ってろよ!」

 

マイケルが遠くから明太マヨネーズを片手に叫ぶ。

 

 

私のお腹は既にパンパンに張っており、触れようものなら破裂せんばかりの状態を何とか保っている。

 

 

早く行かなくては…焦る気持ちを嘲笑うかのように、お尻は推進力を減退しようとしない。

 

 

「大丈夫か?」

 

 

マイケルが再度顔を除かせる。

明太子マヨからスコップに変わっている。

 

土に植えて育てるつもりなのだろうか。

 

 

かのラッセル・ランドセルが「タラコ6年明太9年」と言っていたが、
果たして明太子マヨネーズという加工された品物が土に植えられて芽を息吹かせるのかはいささか疑問が残る。

 

 

そうこうしているうちにキキィ!とプリッツで黒板を引っ掻いたような音が響く。

 

 

「着いたぞ!」

 

 

マイケルは後部座席からサランラップを取り出し、
顔に巻き付けた。

 

 

鼻の穴部分を開けるのを忘れ苦しそうだ。

 

 

進んでいくと、子供がいる。

 

 

「ごめん、ぼうや、先を急いでいるんだ」
マイケルがジェスチャーで説明する。口で言えよ。

 

 

唇は紫色だ。
酸素欠乏症じゃないか?

 

 

少年はこちらを見ながら答えた。

 

 

「前の人が終わらないんだ」

 

 

私はそれを聞いて我慢できる気がしなかった。

そこへ、割り込んで来た人の肘がぶつかった。

 

 

私のお腹に入っていたポテトチップスは膨張して破裂し、そこら中に巻き散らかした。

 

 

私のポテトチップスを届ける夢はかなわなかった。

 

 

マイケルは失神しているようだ。

 

 




----------




今回もお忙しい中、記事をお読みいただき誠にありがとうございます!

なにかしらの参考になれば幸いでございます。





突然ですが、メルマガでしか話せない事発信しています。





私がなぜインターネットビジネスを始めたのか…

>>詳しくはコチラをクリック!<<





この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!ヒロタロウです!

現在会社員である私がネットビジネスで自由を手にするまでの軌跡を描いたブログです。

会社に依存する事なく、生活に困ることのない金銭を得て、家族との時間を今よりももっと大切にできる事を目標とし、人生をよりよいものにするため日々頑張っております。

そして、このブログが、過去の私と同じ状況である人達の励ましになる事を心から祈っております。

そしてそして、私自身、日々楽しく笑いながら生きます!

生ぎるッッ!!

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© そして自由になった , 2017 All Rights Reserved.