30代システムエンジニアが妻と子供2人と自由で幸せになるためにがむしゃらに行動するサイト

離婚を防ぐ!夫をステキに改善するための極意3選

2018/07/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!ヒロタロウです!

現在会社員である私がネットビジネスで自由を手にするまでの軌跡を描いたブログです。

会社に依存する事なく、生活に困ることのない金銭を得て、家族との時間を今よりももっと大切にできる事を目標とし、人生をよりよいものにするため日々頑張っております。

そして、このブログが、過去の私と同じ状況である人達の励ましになる事を心から祈っております。

そしてそして、私自身、日々楽しく笑いながら生きます!

生ぎるッッ!!

詳しいプロフィールはこちら

離婚をシャットアウト!夫を改善するための極意3選

 

結婚生活とは…

「一生ついていきます。」

普段多くを語らない彼が勇気を出して言ってくれたプロポーズへの返事。

一緒に役所に提出した婚姻届け。

あの人の暖かい手ではめてくれた結婚指輪。

ドキドキと安心が入り混じった状態でスタートし…。

そんな日々もつかの間。
徐々に…徐々に忍び寄る、わかっていてもイヤなところが見えてきてしまう…そんなもの。

「もう嫌だ!離婚だわ!」

チョ、ちょ待てよ!
(キムタクをマネしているホリ風)
“夫に不満がある”という理由なら、改善はできる可能性が高いです。

夫の浮気なんて人生終わらせる以外方法ないしね?

結婚生活が長くなれば長くなる程、

「本当にああいうところが嫌い」
「まったくもって理解不能」
「マジでいてまうどコラ」
「お前じゃ話にならん、店長を呼べ」
「ポテェイトォとトメェイトォをくれてアリゲェトォ」

などなど…お互いの”アラ”も見えてきます。

これが…
笑って許せたり、ガマンができたりするなら大丈夫ですが、、、

問題なのは
「あんのクソ夫ミジンコ野郎が…ぜってーに粉微塵にすりつぶしてエサとして東シナ海にバラまいてやる…」などとぶつぶつ口に出して言ってしまっている場合です。

離婚をする理由のトップは「性格の不一致」だそうです。
という事は、いかに小さな問題を放っておかないか?が未然に防ぐ方法とも言えますね

そこで!今回は、離婚を未然に防ぐ!

夫の操縦法について、3つの夫のパターンから考えていきましょう。

 

「ツルツル夫」

 

「なんでうちの夫だけあんなにツルツルなのよ…!!」
「ちょっとは隠そうとしてよ…!!」
「知らない子供に指を指して笑われる…」

ちょっと恥ずかしいし、なにより悔しいですよね。

結婚する前は普通だったのに、みんなと一緒だったのに…
結婚してほんのちょっとしたらもうコレだもの。

 

サギに近い…いやこんなことを思ってはいけない。

 

だって…性格的に難があるわけではない。
いや、むしろ良い。
優しいよ。

ただ…ツルツルすぎる。

一緒に散歩しようにもツルツル滑って。

買い物しようにもツルツル転んで。

掃除を頼んでもツルツル。

洗濯頼んでもツルツル。

夫には摩擦という概念が失われてしまったようで、一か所にとどまっている事ができません…。

お皿を手渡してもウォータースライダーのように身体を滑っていきます。

お箸すらまともに持てないので、もはやどうやって生きているかすら謎です。

 

こんな夫を改善する方法ですが…

身体を粗目に”削る”必要があります。

ですので、まずは夫にサッカーボールをドリブルしてもらいます。

 

ドリブルで進む最中、あなたを含め、あなたのたくさんの友人たちに協力してもらい、
夫の足元のボールを一生懸命、荒めに奪い取ろうとしてもらいます。

 

なんなら足を狙って構いません。
というか足が狙いです。
足を狙って蹴って下さい。
削ってナンボです。
削りまくってください。

 

イエローカード?そんなものなんか全く怖くありません。
何故なら主審も金で買った審判です。

 

削りまくってください。
心を鬼にしてください。

 

「すぐやる夫」のパターン

 

「すぐやる夫」は正に”制御不能”という言葉がぴったりじゃないでしょうか。

 

私の友人にもいますが、聞いて観て興味を持ったら即断即決にで始めてしまいます。

 

この前も私の友人はチアリーディングの映画を見た後にすぐチアの恰好とボンボンをAmazonで注文し、庭で必死に練習していました。更に悪い癖がありまして、周りを巻き込みます。強制です。

 

その友人の次女はまだ女の子なのでよいのですが、長男はもう不憫で不憫で仕方ありません。
奥様も巻き込まれていましたが僕的にはアリでした。

 

そして…化粧も必死にしていました。
(なぜか血化粧でした)

 

いくらなんでも化粧はやり過ぎではないか?と言うと
「頑張って戦っている選手に失礼だろうがッ!!」とかなりの声量で怒鳴られました。
彼は一体誰を応援しているというのでしょうか?

 

その友人はかなりガタイがいいので、チアの制服+血化粧で正真正銘の化け物です。

 

その時ばかりは友人の奥様に
「心中お察しします」と言いました。

 

こんな夫を改善するには…
夫のまわりに流れるメディアを全て支配下に置く必要があります。

 

つまりは”プロパカンダ”を行う必要があるという事です。

 

心理学的な面から言うと…
夫は、なんにでも興味を持つ行動力溢れる男、にも見えますが、根底では自信がないのです。
自分という概念を見つけようと必死なのです。

 

毎回、これこそ自分がやるべき使命だ!と思い込むのです。
その思い込みの方向をそれとなく仕向けるのです。

 

 

ではその方法ですが、手っ取り早く「情報操作」これから始めましょう。

 

ジャブとして出版社をひとつ買い取り、週刊誌を作成します。
見出しは
「鬼ヤバ!イクメンが逝く!」
こんなところでしょうか。

 

その後は必殺ストレートよろしくと言ったところでテレビ局ともズブズブになって
「男は子供を産める」という番組を作ればもう決まったようなもの。
コーラを飲んだらゲップが出る位確実。

 

……たったこれだけのことで、自然と変化してくれるようになります。

ビックリするほど効果テキメンですので、ぜひやってみてください!

 

「夫ット」のパターン

「なぜ、そんなことが平気でできるの?」
「いくらなんでもひどすぎる」
「クックドゥードゥルドゥー!」
「夏だぜ!」

 

……気がきかない「夫ット」に対してイライラしてしまう妻は多いものです。
このタイプの夫は軽い口当たりなのになぜか手が進んでしまい気付いたら無くなってしまう事が多いように思います。

 

「痩せたい!」と思っていても、「夫ット」がひょっこり現れ、

 

…まぁ一口だけなら…いいか!
と思ったら最後!もう手遅れ!
「もうないなんて…地球の最果てかよ!!」

 

と言うまで手が止まりません。

「ただ妻の前に現れただけなのに何がいけないんだよ?」という「夫ット」の言い分もわからなくはないけれど、それにしてもこのヒドイ仕打ち…

 

最悪なのは、妻であるあなたがヒステリックかつエキゾチックに「夫ット」を食べ過ぎてしまう事です。

「全部アナタのせいだ!」とニンニクマシマシした後に文字通り”口撃”をはじめたところで、夫はニンマリするだけ。

 

鈍感すぎる「夫ット」には、

とにかくわかりやすく
「地球を始めとする銀河全体の神々の裁き」受けてもらうが効果的。

 

察してもらおうとせずに、もうゆだねるのです。
さすればおのずと答えは見つからん!

 

「こうしてよ!」ではなく、
「母なる大地、父なる宇宙よ、そして銀河全てに意識を与え続ける神々達よ、私は困っているのです!」

 

というように、多少面倒でも具体的なお願いをする事により多次元からの素粒子的干渉により宇宙から意識がマイコプラズマします。

 

そうする事により「え!?オレって…もしかしてスナック菓子なの!?」と、自然と気が付いてくれます。

 

最終的にEEジャンプのように「夫ットトット夏だぜ」になってくれることでしょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

基本中の基本となるパターンを抑えました。
これであなたに幸せな結婚生活が訪れる事でしょう。

 

もちろん、読んだだけではあなたの周りの現実は変化しません。

 

実践あるのみ!!

 

あなたと夫との素敵な生活を祈っています。




----------




今回もお忙しい中、記事をお読みいただき誠にありがとうございます!

なにかしらの参考になれば幸いでございます。





突然ですが、メルマガでしか話せない事発信しています。





私がなぜインターネットビジネスを始めたのか…

>>詳しくはコチラをクリック!<<





この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!ヒロタロウです!

現在会社員である私がネットビジネスで自由を手にするまでの軌跡を描いたブログです。

会社に依存する事なく、生活に困ることのない金銭を得て、家族との時間を今よりももっと大切にできる事を目標とし、人生をよりよいものにするため日々頑張っております。

そして、このブログが、過去の私と同じ状況である人達の励ましになる事を心から祈っております。

そしてそして、私自身、日々楽しく笑いながら生きます!

生ぎるッッ!!

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© そして自由になった , 2018 All Rights Reserved.