「社畜」と「貧乏」脱却を決意したメンタルボロボロ30代がとにかく行動して自由を手に入れるまでの道のり

【爆笑】会社から「コロナウィルス」に関するデマメールwww

2020/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。

ヒロタロウです。

 

 

とっても「面白いコト」があったので共有させてください。

 

それはなにか。

会社のメーリングリストで届いた「コロナウィルス」に関するメールです。

 

その内容ですが。

「知人より教えてもらったコロナウィルスの注意事項」

という内容でした。

 

つい最近「デマメール」の内容そのままでした(笑)

 

 

 

 

まぁ私が見てすぐ

「これデマだ」

と、わかったからいいのですが。

 

ひとつの会社を経営する「社長」が送ってくるとは(笑)

 

こんなメールを「ワザワザ」(笑)

 

こりゃネタになる、というお話でした。

 

また、逆に「インフォデミック(情報感染)」の恐ろしさを知った日でした。

実際の「パンデミック(世界的流行感染)」よりも。

 

で、折角なのでもうひとつ一つ情報を。

芸能界でもデマに惑わされていた方がいます。

 

フリーアナウンサーの小林麻耶さん。

彼女もお湯を飲んでで予防していたとネットニュースにあがっていました(笑)

 

で、怖いなと思ったのが。

 

彼女への情報提供者が「医者」だったということ。

(おそらくですが、社長への情報提供者も「医者」とかでしょう)

 

「医者」という職業の人間ですら。

 

よくわからない「コロナウィルス」に惑わされ。

根拠があるのか?

本当かどうか確かめることなく。

「デマ」を流して広めてしまうこと。

 

これがなにより恐ろしいですよね。

 

なぜかというと。

 

「医者」という職業自体に「権威」があります。

 

「ハロー効果」ってやつですね。

 

私たちは権威にめちゃくちゃ弱いです。

 

弁護士~とか。

東大卒~とか。

逆らえないです。

なんか頭めっちゃ良さそうみたいな。

 

なので。

「医者」だからたくさん知っているだろう、と思いがちです。

 

でも。

今回のことで。

 

必ずしも。

「医者」が。

「社長」が。

正しい情報を発信するとは限らない。

ってわかりましたよね?

 

人は「権威」に弱い。

この情報を知っていれば。

 

デマが目の前に現れたとしても。

「ホンマかいな?」

と思えると思います。

 

では。




------------------------------



お忙しい中、最後までお読みいただき
誠にありがとうございます!

なにか参考になれば幸いでございます。





いきなりですが
お金が無さすぎて転職するも、
うまくやれず会社を一週間無断欠勤。


その後、精神科を受診。

「誰も助けてくれない」
ことを肌で感じました。



「これはなんとかしなくては」
現在少しずつですが…

自分を変えようとしております…。

>>詳しくはコチラをクリック!<<





スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

えッ?感想コメント?お待ちしてます!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© そして自由になった , 2020 All Rights Reserved.