クソ仕事で精神崩壊したから行動してメンタルマッチョになるブログ

都心に久々にいって電車乗ったら過去の自分を色々思い出したって話。

2021/05/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

「都心の若者はほぼ自分の目標見失うだろうなァ…」って思った話

 

の前機会があり、

都心のほうに遊びに行きました。

 

妻と子供たちとです。

 

そこで昔を思い出してました。

 

そんな話をさせてください。

 

 

1.都心の電車に乗って気付いたこと

 

と子供達と一緒に車で行き、

車を停め電車で移動しました。

(子供が電車に乗りたいといったので)

 

 

以前、秋葉原に勤めていたこともあり

なつかしい感じ。

 

 

そしてなつかしの山手線。

 

以前、

乗っていた時は子供はいませんでした。

 

まぁ当然です。

 

通勤時間ですから。

 

 

今では子供と妻と持っている。

 

なんとも感慨深いものがありました。

 

 

ふと、まわりを見渡すと、

気づいたことがあります。

 

ほとんどの人がスマホをずっとながめている。

 

 

「そりゃあたり前でしょ?」

「何がおかしいの?」

 

 

そう思うかもしれませんが、

私は過去の自分を思い出しました。

 

都心で一人暮らししていた時の私です。

 

 

24、5歳の頃。

 

友達は近くにいない。

平日はガチで職場と仕事ばの往復のみ。

 

楽しみは週末に地元に帰ることのみ。

 

会社に文句たらたら。

グチばかり。

 

誰でもいいから助けてくれ……。

いつもそう思ってました。

 

全て何かのせい。

誰かのせい。

会社のせい。

日本政府のせい。

 

全て責任転嫁していました。

 

毎日が辛くて辛くて、

そうしないと自分を保てませんでした。

 

その後、

色々あり散々ズタボロになって気づいたのは

「結局は誰も助けてくれない」

ということ。

 

2.自分の心の声に気付けないんじゃ?

かし、

都心の方は常に明るく

遊ぶ場所もたくさんあります。

 

これじゃ自分の人生になにも疑問に

思えないんじゃないか……

と思ったのです。

 

私は外で遊ぶのが好きではありませんでした。

 

基本的に家の中にいましたが、

それでもあまりにつまらなかったので

なんとなくドンキに行ってみたり、

休みの日になんとなく外を

ぶらぶらしたりしていました。

 

特に何の目的もないのに。

 

それぐらいだったら、

その時から自分の人生を良くするための本

を読んでおけばよかったと今では思います。

 

 

しかし、

遊ぶところがたくさんあり、

一見、ストレス発散にみえる

誘惑がたくさんあります。

 

 

遅くまでやってるお店たくさんあります。

 

楽しいお店たくさんあります。

 

お金もたくさんかかります。

 

常にうるさい。

常に明るい。

 

 

じっくり一人になり

 

自分が本当に何をしたいのか?

自分の人生どうしたいのか?

 

とゆっくり考える時間が全く

なくなってしまうだろうなと感じたのです。

 

 

仕事に疲れている人。

そんなもの当然たくさんいると思います。

 

会社に行きたくない人。

当然たくさんいると思います。

 

会社のことを考えただけで

吐き気が止まらない人。

 

たくさんいると思います。

 

思っても悪いことではない当然です。

 

 

 

本当に大切なのは

 

人生どん底だと感じた時に

「一体どうすれば変えられるだろうか?」

と疑問に思えるかだと思うのです。

 

ういうヒマを都心にいては

きっと与えてくれないと私は

なんとなく感じてしまいました。

 

3.過去の自分を見ている感覚

るで

過去の自分を見ている

気分でした。

 

思い出して胸が苦しくなった

だけかもしれませんが。

 

誰かが急に現れて

「君の人生を良くしてあげよう」

何て言うことは絶対にありえないということです。

 

 

そんなヤツが現れたら

きっと宗教の誘いでしょう。

 

 

そんな話すら乗ってしまいかねない

くらい私のメンタルは

ボロボロだったんでしょう。

 

 

あなたのことを心配してくれるのは

あなた以外いません。

 

誰も自分のこと以外

たいして心配ではありません。

 

ましてや職場の人間なんて99%が

転職したら縁がなくなります。

 

その程度の人間関係です。

 

私は2回転職したので、

転職後も仲がいいなんて

ほぼ都市伝説と言えます。

 

あなたは自分の人生を

どうしたいと考えているでしょうか?

 

 

どんな人生を歩みたいと

考えているでしょうか?

 

 

 

これから勝手に良くなっていくと

考えていないでしょうか?

 

 

人間は未来を楽観視し過ぎること

がわかっています。

 

そして、

未来の自分を自分だととらえて

いない傾向にあります。

 

 

つまり、

今動き出すこと、

今未来について真剣に考え

行動することが、

 

未来の自分への投資ともいえる

行動なのにも関わらず。

 

ローンを続け

大して必要のないモノを買い

物欲にまみれ

ただ未来を悲観し続け

健康をおろそかにし

自分が未来に受け取る

恩恵を得られないのです。

 

 

 

気付いてくれ、過去の自分。

目を覚ましてくれ過去の自分。

 

 

辛いのは分かる。

 

痛いほど分かる。

 

 

しかし、

このままじゃ1年後も2年後も、

3年後も、なにも変化のない現実が

あなたに襲いかかる。

 

 

その襲いかかってきた現実は

1年前、2年前、

3年前の自分が作り出した

現実に過ぎない。

 

 

それでも、

その現実を誰かのせいにし続け、

何も変化のない日々を続けてしまう。

 

 

行動しないで過ごしてしまう。

 

 

1年後も今と全く変わらない

自分を想像したらどうだろうか?

「ゾッ」としただろうか?

 

そこからがスタートなんです。

「変えなきゃ」

思ってからがスタートです。

 

まとめ

幸せになるために頑張ろう

 

気付いて欲しい。

 

届いて欲しい。

 

と思い今回書き殴った次第であります。

 

 

では。

スポンサーリンク

お忙しい中、

最後までお読みいただき

誠にありがとうございます!

 

「もう仕事したくない」

 

いきなりですが

給料が上がらないので転職するも、

吐き気に襲われる毎日。

 

 

気付けば会社を一週間無断欠勤。

その後、精神科を受診…。

 

「誰も助けてくれない」

 

ことを肌で感じました。

 

同時に

「このままではマジでヤバイ」

と思ったのですが…。

 

>詳しくはコチラ<

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

えッ?感想コメント?お待ちしてます!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© そして自由になった , 2019 All Rights Reserved.