「社畜」と「貧乏」脱却を決意したメンタルボロボロ30代がとにかく行動して自由を手に入れるまでの道のり

プログラマーに疲れたから会社辞めたけど給料下げたくなくて同業に転職したら失敗した話

2019/09/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

プログラマーに疲れたから会社辞めたけど30代で同業転職してみたら大失敗した話

 

 

ログラマー。

 

それはエンジニア。

 

機械と会話する「プログラミング言語」を操る者。

 

システムの納品のためなら馬車馬のように働かされ、人権は無視。

 

人生は棒にふられ。

 

「やりがいはある」という名のもと……。

 

ムチを打たれながら働く職業。

 

さぁ。

 

見たまえ。

プログラマーの末路を。

 

それは「プログラマーでいることに疲れた」ってことだ。

 

疲れた。

そして。

 

「プログラマーを辞めたい。」

 

なんてつまらない仕事なんだろう。

 

なんて意味不明な仕事なんだろう。

 

 

「やりがいだけはある」とか抜かした面接官のアイツ。

 

ウソつきやがった。

 

「やりがいすら」ない。

 

人生を崩壊させるだけの仕事だった。

 

辞めたい。

 

もうプログラムなんか組みたくない。

 

何が障害だ。

 

こっちが精神的な障害抱えてるわボゲが。

 

辞めてやる。

 

クソ会社が。

 

 

でも……。

 

 

給料下がるのかよ……。

 

仕方ない。

 

妻と子供のため。

 

これ以上給料を下げるワケにはいかない。

 

もう一度。

 

プログラマをやるんだ…。

 

スポンサーリンク

 

しかし……。

 

待ち構えていたのは……。

 

人間関係のウスい。

 

仕事も同レベルの会社だった。

 

責任大マシで。

 

 

私は「あっ」という間に精神が崩壊した。

 

会社に行けなくなった。

 

朝を起きた瞬間に吐き気が止まらなくなった。

 

 

これを失敗と言わずになんと言おうか。

 

人生変わると思っていたのに。

 

結局どこも一緒かよ……。

 

もう働きたくない。

 

もうイヤだ。

 

腐った社会だ。

 

なんで幸せに生きたいだけなのに。

 

こんな思いしなきゃなんないんだ。

 

……。

 

………。

 

 

もうわかった。

 

自分で稼ぐしかないんだな。

 

そうするしかない。

 

なんとかしたいと思っていた。

 

けど、どうしていいかわからなかった。

 

でも、やるしかない。

 

こうして、私はブログを始めたのでした。

 

転職は失敗でした。

 

1年程度で辞めたので。

 

でも、代わりにあることを手に入れました。

 

「幸せになるための決意」です。

 

転職って、正直入ってみないとわからないこと多すぎです。

 

ほとんどが人間関係ですから。

 

でも、なにかしら得られるモノはあると思っています。

 

私に失敗談を見て、「幸せになる決意」をして頂けたら幸いです。

 

 

では。

 




------------------------------



お忙しい中、最後までお読みいただき
誠にありがとうございます!

なにか参考になれば幸いでございます。





いきなりですが
お金が無さすぎて転職するも、
うまくやれず会社を一週間無断欠勤。


その後、精神科を受診。

「誰も助けてくれない」
ことを肌で感じました。



「これはなんとかしなくては」
現在少しずつですが…

自分を変えようとしております…。

>>詳しくはコチラをクリック!<<





スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

えッ?感想コメント?お待ちしてます!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© そして自由になった , 2019 All Rights Reserved.