「社畜」と「貧乏」脱却を決意したメンタルボロボロ30代がとにかく行動して自由を手に入れるまでの道のり

ブラックバイト体験談!一生忘れないであろうクソ悔しい思い出とは?

2019/05/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!ヒロタロウです!

現在会社員である私がネットビジネスで自由を手にするまでの軌跡を描いたブログです。

会社に依存する事なく、生活に困ることのない金銭を得て、家族との時間を今よりももっと大切にできる事を目標とし、人生をよりよいものにするため日々頑張っております。

そして、このブログが、過去の私と同じ状況である人達の励ましになる事を心から祈っております。

そしてそして、私自身、日々楽しく笑いながら生きます!

生ぎるッッ!!

詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

ブラックバイト事例!クソ悔しい思い出とは?

 

ブラック企業ランキングを見ていて思い出したことがあります。

 

お金に関する悔しい思い出。

忘れる事のできない強烈な思い出…

 

 

大学卒業前、お金がありませんでした。

 

というのも、最後までやろうと思っていたバイトをクビになり…
(クビの理由は遅刻を繰り返したからです)

 

とある棚卸の会社にバイトの面接に行きました。

 

何故選んだかというと、時給が良かったからです。

 

夜、お店が閉店してから作業が始まる為、基本的に夜間料金だし、移動中も料金が出るのが魅力的でした。
しかも基本的には数を数えるだけという簡単な作業。

 

私はこれでさっくり稼いで就職するまでのつなぎにしようと思っていたのですが…

 

面接後、受かった事がわかり、会社に行きました。
内容を一通り聞いて後に衝撃的な一言を言われました。

 

君のその髪は会社の規約に反するから、もしバイトを続けたいならハサミを渡すからそこのトイレで切ってきてください。
もし嫌なのであればそのまま帰って貰って構わない。

という内容でした。

耳に髪がかかっててはダメだから今すぐに切って来いという事でした。

 

男とはいえ髪には気を使っていたので、自分でハサミで切るなんてありえないと思いました。しかもその場で切るって…
結果的に私は人生で10本の指に入る程悔しい思いをしました。

 

何が悔しいかってお金がないからそいつのいう事を聞いて髪を切る以外の選択肢がなかったのです。

 

なんでお金がないからって人間の尊厳を踏みねじられるようなこと言われたり、されたりしなくてはならないのか。

 

改めて今、絶対に、絶対金を稼いで稼いで、自分の好きなことを仕事にしてあんときのバカを見下してやるやると誓いました。

 

以上。

 

では。




----------




お忙しい中、最後までお読みいただき誠にありがとうございます!

なにかしらの参考になれば幸いでございます。





お金が無さすぎて転職するも、うまくやれず会社を一週間無断欠勤。

その後、精神科を受診。

「誰も助けてくれない」ことを肌で感じ副業を始めました。



現在少しずつですが軌道に乗り始めていますが…



>>詳しくはコチラをクリック!<<





スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!ヒロタロウです!

現在会社員である私がネットビジネスで自由を手にするまでの軌跡を描いたブログです。

会社に依存する事なく、生活に困ることのない金銭を得て、家族との時間を今よりももっと大切にできる事を目標とし、人生をよりよいものにするため日々頑張っております。

そして、このブログが、過去の私と同じ状況である人達の励ましになる事を心から祈っております。

そしてそして、私自身、日々楽しく笑いながら生きます!

生ぎるッッ!!

詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© そして自由になった , 2018 All Rights Reserved.