30代システムエンジニアが妻と子供2人と自由で幸せになるためにがむしゃらに行動するサイト

紙キレを「お金」にする3つの「信頼」とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!ヒロタロウです!

現在会社員である私がネットビジネスで自由を手にするまでの軌跡を描いたブログです。

会社に依存する事なく、生活に困ることのない金銭を得て、家族との時間を今よりももっと大切にできる事を目標とし、人生をよりよいものにするため日々頑張っております。

そして、このブログが、過去の私と同じ状況である人達の励ましになる事を心から祈っております。

そしてそして、私自身、日々楽しく笑いながら生きます!

生ぎるッッ!!

詳しいプロフィールはこちら

紙キレを「お金」にする3つの「信頼」とは?

 

あなた一万円札もっています?

はい、福沢諭吉さんが描かれた、「紙幣」です。

 

これってただの紙キレですよね?燃えますよね?やぶけますよね?

 

これが「一万円分の価値と交換できる」には3つの信頼が必要なんですよ。

 

今回はそれについてお話しますぜい!

 

 

1.「紙キレ」に一万円分の価値があるか?保証している母体への「信頼」

まずはコレ。

例えば福沢諭吉さんが描かれている「一万円札」。

なじみ深い「円」ですね。

「一万円分の価値と交換できる」交換チケットです。

この「一万円札」はどこで「一万円分の価値と交換できる」と定義されているか?

はい、「中央銀行」(日銀)ですね。

 

これは日本政府が母体となっており、私たちはその中央銀行を「信頼」しているからこそ、「一万円札」=「一万円の価値と交換できる」という事がわかります。

 

たとえば、、、、

 

A君がお金が欲しいあまりに、ある日突然作ったお手製の「一万円札」これを100枚刷りました。

服を買いに行き、A君はお手製の「一万円札」を使って支払いました。

しかしお店”A君お手製一万円札”をもらってもその後「一万円分の価値と交換できる」保障がまったくありませんね?

 

つまり、「お金」と定義づけている「母体」、ここではA君への「信頼」がないと「お金」としては機能しないんです。

それに、、、

仮に日本政府が破綻しました!

なんてなったら、、、「円」の価値がいきなりなくなっちゃうんですね。

これが紙切れの恐ろしさ。

 

お札を「一万円分のなにかと交換できる価値がある」ことを保証している母体への信頼!
これが1つ目の信頼だッ!

 

2.「使う人」が「紙キレ」に「一万円分のなにか」と交換できる価値あるか?と信頼していること

当然ですが、お金を使う人が「これは一万円分のなにかと交換できる価値がある」と信じているものでないと成り立ちません。

 

例えば、、A君が自作のお札のお札ではダメだったので、そこらへんでひろってきたなんかキレイな石で「これで支払いだ」って言いました。

が、どう見ても一万円分の価値があるようには見えません。

 

当然ですが受け取ってもらえません。こんなんじゃ成り立ちませんよね。

しかたなく母親から渡された小包から一万円札をだし、渡しました。

 

A君は「お金」だと信頼して渡している、ということです。

 

お金を使う側が「一万円分の価値と交換」できると信頼していること。

これが2つ目の信頼だッ!

 

3.「受け取る相手」が「紙キレ」を「1万円分の価値と交換」できると信頼していること

これは上記2.の反対側。

受け取る相手も「1万円分の価値と交換」できるというお金への信頼がないといけないということです。

 

例えば、A君はポケットを探ると、ボロッボロで擦り切れた「一万円札」が出てきました。

中央銀行が発行したまぎれものない「一万円札」です。

しかし、ほぼ、形を成しておりません。

A君はこれを出しますが、、、

お店はそれを受け取りません。

なぜか?

お店の人は、そのボロボロのお札が「お金」として機能しているかわからない、つまり「信頼」できていないからです。

 

 

それに、Aという国にいて、Aにしかない紙幣を使っていた場合…

当然ですが国境を出てBという国に行ったとしたら、その瞬間「Aにしかない紙幣」は紙切れになってしまうんですね。

 

Bという国で「Aという国で一万円分のなにかと交換できる価値」があったんだから、交換してくれ!

と言っても、受け取る側が価値がないと思っていたら成り立たないですもんね。

 

受け取る側が「一万円分のなにかと交換できる価値がある」と信頼している事。

これが3つ目の信頼だッ!

 

まとめ

現在の「お金」のシステムは

①「お金」と定義している母体への「信頼」
②もらう側が「お金」だと信頼している
③渡す側が「お金」信頼している

という3つの要素があわさって初めて紙切れが「お金」として機能することをわかってもらえたかとおもいます。

逆を返せば、「信頼」がないとお金として機能しなくなっちゃうんですよね。

「お金」はめっちゃくちゃハイパー便利な道具で、人間が発明した偉大すぎるモノだと思います。

 

しかし、「お金おッ金ェェェッ!」って価値を置きすぎてしまうと人生悲惨なことにになります。

お金とはなんぞーや?しっかり覚えておきたいですね!

 

お金の知識を学ぶことで、お金へのブロックも外して幸せなお金持ちになりましょう。

それでは。

 

※補足

信用とは…

実績や成果物を作成し、その出来栄えに対しての評価すること。

例)Aさんなら実績もあるし信用できるな!

信頼とは…

過去の実績や業績を見た上で未来を信じること。

例)Bさんのこと、信頼するよ!




----------




今回もお忙しい中、
記事をお読みいただき誠にありがとうございます!!!!!

これらの記事がなにかしらの役に立てたらば幸いでございます。





メルマガでしか話せない事発信しています。



今なら登録特典プレゼントあります。

僕がなぜインターネットビジネスを始めたのか…

⇒詳しくはコチラをクリック





この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!ヒロタロウです!

現在会社員である私がネットビジネスで自由を手にするまでの軌跡を描いたブログです。

会社に依存する事なく、生活に困ることのない金銭を得て、家族との時間を今よりももっと大切にできる事を目標とし、人生をよりよいものにするため日々頑張っております。

そして、このブログが、過去の私と同じ状況である人達の励ましになる事を心から祈っております。

そしてそして、私自身、日々楽しく笑いながら生きます!

生ぎるッッ!!

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© そして自由になった , 2018 All Rights Reserved.