クソ仕事で精神崩壊したから行動してメンタルマッチョになるブログ

会社に行こうとすると吐き気がスゴいので勇気を出して心療内科を受診してみた話

2021/05/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

【だれか助けて】仕事が嫌すぎて吐き気が止まらないので心療内科を受診した体験談

 

 

社…

きたくない……。

 

仕事したくない……。

吐き気が止まらない……。

息苦しい……。

 

 

気持ち悪い……。

酸素がいくら吸っても入ってこない……。

なんだこの人生……。

 

なんでこんなつらい

思いしなきゃいけないんだろ……。

でも…。

 

働かなきゃ…。

生活のため…。

 

ガマン…。

ガマン…。

ガマン…。

 

ガマンだ…!

 

こんな感じで。

無理をして。

気持ちにフタをしていると……。

体に異常があらわれます。

 

私がそうだったように。

 

これは私が実際に体調をくずして、

勇気を出して心療内科を受診してみたお話です。

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

1.月曜日の朝から吐き気が止まらない……

き気がとまりません。

 

朝目が覚めた瞬間に

吐き気がおそってくるようになりました。

 

 

「会社に行く日だ」

と悟った瞬間にもうダメなんです。

 

目がさめると壁を見たまま

「オエッ」

と吐き気と戦い……。

 

その後トイレに行っ

て吐く体勢をしても何も出ません。

んなことはとっくにわかっています。

 

トイレに溜まった水をじっとながめ…

雑巾しぼりされているかのような胃……

 

「こんな状態で仕事できるワケがない」

と思い、忙しいのに休んでしまいました。

職して1年程度ですが、

人間関係がウスくて、しかも教育もない。

 

でも求められるものは

「これくらいはわかってるよね?」

くらいのスタンス。

職で給料が全く上がらなかったので、

勇気を出して転職しました。

 

30歳になってからの転職。

本当に怖かったです。

 

心機一転!

バリバリ働いて!

正当な評価を受けて!

 

妻と子供を楽にさせてあげたい!

………!

……!

…!

と、思っていたのに……。

 

最初は自分という人間をバンバン売ろうと

意見したりしていたのですが。

 

会社内の空気に疲れてきてしまって……。

 

わざわざ反論する気力も無くしてしまい。

職して半年くらいでしょうか。

 

あっという間に会社行きたくない人間

になってました。

 

 

朝、少しでも

「仕事だ。」

と頭に浮かぶと吐き気が襲ってきて……。

もう子供のように

「ヤバ…行きたくない…」

 

車で途中まで向かっても

「ダメだ…本当に行きたくない…」

って行かなかったり…。

 

仕事というのは

  • 人間関係
  • 給料
  • 仕事内容

このうちどれか2つが欠けると

イヤでたまらなくなってしまうみたいです。

給料は…。

 

前の会社よりは上がったから、

まだマシなんだろうけど。

 

微々たるモノ。

 

人間関係。

仕事内容。

どちらもダメだったみたい。

 

自分で思っていた以上に。

かなきゃいけないのに。

生活があるのに。

 

行けなくて…。

 

自分はなんてダメなやつなんだ……。

 

激しい自己嫌悪。

 

でも……。

でも……。

でも……。

吐き気で気持ち悪い……。

 

と負のスパイラルにおちいってます。

 

2.吐き気を止めるため心療内科を受診する決意

のままではダメだ。

 

と思い、いろいろ調べると……。

 

仮にうつ病になったとしても。

 

手当があるみたいです。

(いろいろ条件はあるけど)

 

生活していけなくなることはない

みたいです。

こで「けじめ」をつけて

ハッキリしようと思った。

 

 

「心療内科を受診しよう。」

恐いけど、それしかない。

 

いや、うつ病ではないと思っていた。

休日はしっかり動けるから。

 

子どもと遊べるから。

でかけられるから。

 

 

でも。

この例えようのない仕事への行きたくなさ。

吐き気をどうすることもできないので、

思い切って探してみました。

 

 

そしたら、

まずは市の

「無料電話相談」

のようなものを見つけました。

 

検索ワード的には

「〇〇県 うつ 相談」

でしらべたような。

 

県のホームページに乗っていた

「いのちの電話」

こにかけてみましたが、

電話が一本とのことで、まったくかからず。

 

 

午前中からかけ続けましたが、

結局かかったのは午後。

 

 

いざかけてみると、

「どうされましたか?」

自分の状況を聞いてくれました。

かも

「こんな機関も、ご利用になれますよ」

っていう親切な内容だった。

 

世の中って知らないことがたくさんあるのだな、

と思いました。

 

その後、

実際に受診できる病院はないかと、

7~8件の同市内にある心療内科にかけてみました。

 

そしたら…

どこも初診は予約が必要だそうだ。

 

さらに、予約でいっぱいのため、

受診は大体2週間~1カ月先になるそうです。

 

「そんなに待てないよ…。」

そんな先までまたなくてはいけないのか。

 

その事実だけでサッと血の気が引いた。

 

その時まで正気を保っていられない

と思った。

 

水の中に頭を沈めていて、

頭を上げようとしたら抑えつけられたような

恐怖感に襲われた。

れと同時に、

それほど利用者が多いのだなとも思った。

 

勝手にですが、

通常の内科とかに比べて比較的

空いている思っていました。

 

 

あなたが心療内科を受診しようと

考えているのであれば、

早めの予約をした方がよいと思います。

 

そして色々な病院に電話をかけるコト8件目。

 

「今日は午前中だけでして…

どうされましたか?」

 

と聞かれ、

 

「本日も休んでしまったので、

できれば今日行けるものなら行きたかった」

 

という旨を伝えました。

 

そうすると、たまたま残っていた

先生に交渉してくださり

 

「今すぐ来てくだされば受診できます」

 

という事になりました。

ありがたいです。

 

急いで向かうことにしました。

スポンサーリンク

 

3.「心療内科」を勇気出して受診してみた

ざ病院へ。

 

これもびっくりしたのですが。

思った以上に大きかったです。

 

どこに車を停めて、

どこから入ればいいんだろうくらいの大きさです。

 

会社を休んでいたので吐き気はありませんでしたが。

 

ナゾ不安感はずっとありました。

付をして、問診票を記載します。

 

待つこと10分程度。

 

待っている間に思いましたが、

「ザ・精神病」

みたいな風景は当然ありません。

 

というか普通の内科と一緒です。

 

当然ですが、受付の方も同じような対応。

 

なので、

「変な風に見られるのが怖い」

 

と受診を控えている方はどうぞ

安心して受診してください。

 

精神的に弱ってるときは

こんなコトでも怖いですからね。

 

その後、名前をよばれ部屋にとおされました。

 

先生が自己紹介をしてくださり、

家族構成、学歴、仕事内容など

をこまかく聞かれました。

 

「初回はカルテを作る上でしかたないので

ガマンしてください」

と言われました。

 

そして、

なぜ来たのか?

今どういう状態なのか?

 

というコトをくわしく聞かれました。

は会社に行きたくない、

嫌な気持ちを淡々と説明しました。

 

基本的には聞かれたことに

答えると言った感じでしょうか。

 

先生がカルテにびっちりメモを取りながらなので、

焦らずゆっくり話しました。

 

  • 仕事がイヤすぎて吐き気がとまらない気持ち
  • 行きたくなさすぎる気持ち

 

いろいろ話した結果。

 

まだ「うつ」までは行っていない

普通の反応だと言われました。

っぱりそうか……」

という気持ちの反面。

 

「じゃあこの吐き気はなんだよ?」

という気持ちでした。

れから、

なんでも責任を背負いすぎだと言われました。

 

  • 妻に仕事をさせたくない
  • 子供が保育園遅くまでいてかわいそう

 

コレは重く考え過ぎず、

すこし落ち着きなさいと言われました。

 

 

自分で思っている以上に

考え過ぎていたのかなと思いました。

 

少しだけ肩の荷が下りた気がしました。

 

 

あとは、

好きではない仕事は割り切るしかない

ということも言われました。

た、

プライドが高すぎるので、割り切って生活のためだ

と考えてみなさいとの事でした。

 

 

また、

「抑うつのお薬を出します」

とのことでした。

私は心理学を専攻していたので、

「うつ」でもないなら断ろうと

思っていたのですが、

 

・副作用は弱い薬を出します。
・有名な教授不安をやわらげるための飲みます

 

 

という話を聞いて、

「じゃあ、お薬もらおうかな」

という気持ちになりました。

 

 

確かに放っておいたら不安が止まらない

負のスパイラル状態だったので。

 

これで診察は終わりました。

 

 

4.「心療内科」での診察を終えての感想

ざ診察が終わって。

 

心療内科、精神科に対して勝手に

ハードルを上げていたのだと思いました。

 

分はどこも悪くない。

休みの日は移動できるし。

 

大学時代、「心理学」を専攻していた

自分ですらそう思ったのです。

 

一般の方は本当に重度のうつになって

ようやく訪れることになってしまうと思いました。

 

心の病も体の病と同じで、

早めに対処すればその後の経過がいいです。

 

なので、

「甘えているだけだ!」

んて思わずに、

 

もっと気軽に受診してもらったほうがよい

と私は思いました。

 

お薬も、本当に弱い効き目のものを

処方してくれました。

 

あなたの心の異常は

あなた以外気付けません。

 

自分に厳しくしないでください。

あなたに対して

あなたが一番優しくしてあげてください。

 

まとめ

吐き気が止まらないなら今すぐ心療内科を受診してください!

 

 

「風邪かな?」

と思うくらいの軽い気持ちで

怖がらずに心療内科を受診してください。

めの受診が、その後の経過を良くします。

これは体の病と一緒です。

 

 

抗うつ剤など、利用方法によっては

やはり気持ちを軽くします。

 

 

自分で自問自答しても、

パートナー、友達に相談しても、

解決しない問題ってあります。

 

まったくの第三者に聞いてもらってこそ

解決する事もあります。

 

この記事が私と同じ状況の方に

役立つことをねがっております。

 

た、電話して当日手配してくださった方

(名前も聞けず、直接会うこともできませんでした)

にこの場を借りて感謝いたします。

 

 

私の体験で思いつめてしまう人が

一人でも減れば本望でございます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

では。

 

 

吐き気がヒドいあなたへ

生労働省のサイト「こころの耳」っているサイトで

「5分でできる職場のストレス度チェック」

ってのがコチラでできるみたいです。

 

5分程度でできるみたいなのでゼヒ

やってみてください。

 

「5分もやりたくねーわ」って人は

3分バージョンもあるみたいです。

 

そして、

コチラからメール相談ができるみたいです。

「電話する気力が…」って方は一度見てみてはいかがでしょうか。

 

 

受診後の経過について…

診したその後。

 

すぐ経過が良くなったか?

 

と言われれば。

「そんなことはありません」

としか言えません。

 

風邪薬のようにすぐ効くワケではないからです。

 

ただ、薬のおかげでほんの少しは楽になりました。

 

ただ…。

 

「副作用」がちょっと…。

 

受診した「その後」の経過です↓

勇気出して心療内科を受診したその後の経過と処方された薬の副作用について

 

の記事を読んでくれたってことは。

間違いなく

「会社に行きたくない」

からですよね。

 

そのお気持ち、痛いほどわかります。

 

そんなあなたに、

もう少しだけ読んでもらいたいお手紙です。

会社に行きたくなくて吐き気が止まらない…けど休めない…と思っているあなたへ。

にかく。

とにかく。

会社に行きたくない毎日を送っているあなたへ。

伝えたいことがあります。

会社に行きたくない毎日を送っているあなたへ。とっとと休め( ゚Д゚)ゴルァ!!

 

とつ、ご相談があります。

いえ、モチロン、やらなくてもいいんですよ。

 

でも、あなたをこんな状態にしたヤツらに、

そんな吐き気がおさまらない状態にしたアイツらに、

 

「復讐」しなくても平気ですか?

 

私は…。

少し恥ずかしいですが。

私をこんな状態にしたヤツらに「復讐」することに決めました……。

「首洗って待ってろよ!」会社のクソ上司へ猛烈に復讐する究極の方法2選!

まとめ記事に戻る↓

【ゲロ】強烈な吐き気に襲われて会社行けなくなって心療内科行ってみたワイの歴史まとめ

 

 

ストレスを

減らしたい…。

 

「正しい方法がある」

 

と言ったら。

 

信じてくれますか…?

【まとめ】憎きストレスと正しく戦うためのロードマップ

スポンサーリンク

お忙しい中、

最後までお読みいただき

誠にありがとうございます!

 

「もう仕事したくない」

 

いきなりですが

給料が上がらないので転職するも、

吐き気に襲われる毎日。

 

 

気付けば会社を一週間無断欠勤。

その後、精神科を受診…。

 

「誰も助けてくれない」

 

ことを肌で感じました。

 

同時に

「このままではマジでヤバイ」

と思ったのですが…。

 

>詳しくはコチラ<

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

えッ?感想コメント?お待ちしてます!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© そして自由になった , 2017 All Rights Reserved.