童謡「わらしべ長者」から学ぶお金持ちになるヒント

      2017/10/07

スポンサードリンク




どうもこんにちは!ヒロタロウ(@hirotarou7777)です!

 

 

 

実は最近子供に読み聞かせするのに初めて見たのですが、
こんなにシンプルにお金持ちになるヒントが詰まっているのか!

 

 

と思ったのでこれを書いている次第です。

概要

 

貧乏な男が観音様へお祈りをする

地上へ戻って手にしたものが与えた物だから大切にしてね

わらしべを手に入れる ※稲のわらの芯の事

わらしべで虫を捕まえる。それを欲しがる子がいたので、みかん3個と交換

喉が渇いたお姫様を発見。みかん3個と布3個を交換

馬の処分に困る家来を発見。布1つと馬交換

お祈りをすると、馬生き返る。

引っ越しをするお屋敷発見。馬と田んぼ交換

ついでに屋敷もGET!幸せな人生!!!

※助けたお姫様がお屋敷の娘だったりするお話もあるようで、バラバラなので、今回は私が見たお話を元に進めます。

素直

 

観音様へお願いし、
観音様からお告げをいただきます。

 

 

「地上に戻って最初に手にしたものが、贈りものじゃ」

 

いざ、地上に戻った貧乏男、転んだ拍子に手につかんでいた

「わらしべ」を見つけた時に、「これが、観音様の賜りものじゃ、ありがたや、ありがたや。」と、観音様の教えを忘れず、忠実に守っています。

 

 

「なんだこれ?邪魔」ポイ
とその辺に捨ててしまってもなんら不思議ではない。

貧乏一直線、もうどうにもならんという貧乏な男は腹を括っています。

 

感謝の気持ち

 

観音様にお祈り後、地上に戻ってずっこけたものの手にわらしべを発見する。

観音様の賜りものじゃ~

ここで、ただの”わら”なんですが、
ありがたや、ありがたや、と感謝の気持ちを忘れていません。

 

だってわらですよ?
ちょっと丈夫なわらです。

 

 

 

「なんだよ、これが賜りもの?ショッボ」ポイ
とその辺に捨ててしまってもなんら不思議ではない。

 

 

次はみかん。
「なんでぇ…みかんにしかならんのけぇ」
と落ち込んでも不思議ではない。

それでも
「ただのわらしべがみかん3個になった。ありがたや。ありがたや。」
と感謝の気持ちを忘れません。

 

 

 

その後、布→馬→田んぼ→屋敷とグレードアップしても

「観音様の賜りものじゃ。ありがたや、ありがたや」と感謝の気持ちを表しています。

現在物質界において、物への感謝は忘れがちですが、感謝の気持ちを忘れないってのは最強なんだなと思わせてくれますね。

 

 

これは昔よりも豊かさあふれている現在へのメッセージとも取れます!

 

 

足りないことはない、豊かさであふれているのに、
比較、比較、比較。

悪いところばかりを探す。

これではいけないですよね。

 

 

 

今、身の回りにあるもの、

これらへの感謝の気持ちを忘れてはいけないんだなぁ。

今これを見ているデバイス。

今着ている服。

今これを見ている目。

朝食べたご飯。

口へ運んだお箸。

運ぶ為に動かした手。

これらがあることを忘れてしまっている。

 

 

 

はぁ~~ありがたや、ありがたやぁ~

 

先に与える

 

ここが意外に大事なところだったりするのでは、と思いました。

わらしべ長者=ラッキボーイみたいなイメージありましたし。

しかし、この貧乏な男、ただのラッキーボーイではありません。

 

 

すべての物を、損得勘定抜きにして先に与えています。

 

わらしべにて虫を捕まえた時も、

みかんが貰えるろわかっていたからあげた訳ではありません。

若様が欲しがるからあげて、結果、みかんを3個貰えたのです。

 

 

 

喉が渇いていたお姫様も、

布が貰えそうだからみかんを差し出したのではありません。

みかんがあれば喉を潤してあげられるだろうと考え、差し出し、結果上等な布を貰えたのです。

 

 

 

お引越ししている館でも、
田んぼが貰えそうだから、馬を差し出したのではありません。
馬を使えば、引っ越しが楽になるだろうと考え、提案し、
結果、田んぼが貰えたのです。

 

 

掛け値なしに、まずは相手の事を考える事。

その結果、それ以上のものが返ってくる。

 

これが大事なんだなと考えさせられますよね~。

 

 

引き寄せ的にもビジネス的にもこの考えってすごい重要で、
損得勘定ばかり考えて動いていたのではきっとこの貧乏な男わらしべを抱えたままだったでしょう。

 

「こ、このわらしべはきっと魔法のわらしべなのじゃああぁ~~~~」
何も起きずそのままの終了。
~Fin.~

 

 

みたいな。

 

 

お金≠豊かさは、相手の事を考え、行動し満足させたかの結果であり、
このベストなタイミングにベストな対応をした貧乏男が素晴らしい対応をしたんですよねぇ。

引き寄せの法則との関係?

 

引き寄せの法則を知ってからみると、
これは引き寄せの法則をわかりやすく伝える為の話なのでは?

 

と思わずにはいれません。

 

貧乏男が観音様へお願い
→宇宙の法則へお願いをしている。

 

お金持ちになりたい。と明確にメッセージを発信しています。

 

わらしべからどんどんいい物になっている
→この貧乏男の想像できる範囲がどんどん大きくなっている。

 

成長しているという事の裏返しだったりして。

 

感謝の気持ち
→別名「愛の法則」なんてのを聞いた事があります。

 

感謝の気持ちを忘れない、これがしっかり受け取れた事を認識しているという事ですよね。

総括

 

子供へ”気づき”を与える昔話。童謡。

ですが、実は小さい頃の心を忘れてしまった大人へのメッセージも含まれているのではと思わずにはいられません。

 

小さい頃には理解できない事があっても、
大人になってからみると大事な事って詰まってるもんですね。

 

いやいや、関係あるかいな!
という声が聞こえてきそうですが、
どう感じるかはその人次第です、とも言えます。

 

これは僕が新たなステージに立っているからかもしれません(?)

 

お子さんに読み聞かせながら、自分も学べる、これ、最強じゃないですか?




----------




今回もお忙しい中、
記事をお読みいただき誠にありがとうございます!!!!!

これらの記事がなにかしらの役に立てたらば幸いでございます。



オラオラオラアッ!!!





メルマガでしか話せない事発信しています。



今なら登録特典プレゼントあります。

僕が何故インターネットビジネスを始めたのか…

⇒詳しくはコチラをクリック





 - マインド