「社畜」と「貧乏」脱却を決意したメンタルボロボロ30代がとにかく行動して自由を手に入れるまでの道のり

会社で死ぬほどつらい思いしたこと、忘れてませんか?

2019/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!ヒロタロウです!

現在会社員である私がネットビジネスで自由を手にするまでの軌跡を描いたブログです。

会社に依存する事なく、生活に困ることのない金銭を得て、家族との時間を今よりももっと大切にできる事を目標とし、人生をよりよいものにするため日々頑張っております。

そして、このブログが、過去の私と同じ状況である人達の励ましになる事を心から祈っております。

そしてそして、私自身、日々楽しく笑いながら生きます!

生ぎるッッ!!

詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

 

トイレ怒りが収まるまで我慢。

 

俺はなにも悪くないのにいつも怒られる。

 

そこまで言わなくてもと思う怒られている時間。

 

血液がグツグツ沸騰する感覚。

 

頭にものすごい勢いで血が上ってくる感覚。

 

有休くらいでいちいちうるさい上司。

 

モチベーションを常に下げてくる上司。

 

できる風を装うだけで大してなにもできない同僚。

 

あがらない給料。

 

ただでさえ低いのにさげられる給料。

 

自虐ネタで言わないといられない位引く給料。

 

残業の時間だけはいっちょまえ。

 

何度、会社のために生きているんじゃないと思ったか。

 

何度、パソコンのディスプレイをたたき割って帰るところを妄想したか?

 

何度、怒っている上司の机にケリを入れてキレるところを早々したか?

 

 

 

 

……

 

………

 

 

これ、忘れていませんか?

 

つらい過去があった。

ものすごくつらかった。

 

誰にも相談できない。

言っても何も解決できない。

 

金さえあれば。

 

お金さえあれば。

 

俺の悩みは全て解決するのに。

 

何度思っただろう。

 

 

 

そう思ったときもあった。

スポンサーリンク

 

いまは…比較的落ち着いている。

 

なんとかしたい。

 

会社はやめたい。

 

頭ではわかっている。

 

そのうち。

気が向けば。

 

楽な方にながれてしまっていないだろうか。

 

 

今回は自戒を込めて書いています。

 

 

あの辛くて辛くて「死んだほうがマシ」と思ってしまった日を。

 

会社に夜中2時まで一人で残って「なんのために生きているんだろう」と思った日を。

 

子どもが熱を出しているのにすぐに休んであげられない強烈なはがゆさを感じた日を。

 

 

忘れるな。

 

 

 




----------




お忙しい中、最後までお読みいただき誠にありがとうございます!

なにかしらの参考になれば幸いでございます。





お金が無さすぎて転職するも、うまくやれず会社を一週間無断欠勤。

その後、精神科を受診。

「誰も助けてくれない」ことを肌で感じ副業を始めました。



現在少しずつですが軌道に乗り始めていますが…



>>詳しくはコチラをクリック!<<





スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!ヒロタロウです!

現在会社員である私がネットビジネスで自由を手にするまでの軌跡を描いたブログです。

会社に依存する事なく、生活に困ることのない金銭を得て、家族との時間を今よりももっと大切にできる事を目標とし、人生をよりよいものにするため日々頑張っております。

そして、このブログが、過去の私と同じ状況である人達の励ましになる事を心から祈っております。

そしてそして、私自身、日々楽しく笑いながら生きます!

生ぎるッッ!!

詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© そして自由になった , 2019 All Rights Reserved.