「社畜」と「貧乏」脱却を決意したメンタルボロボロ30代がとにかく行動して自由を手に入れるまでの道のり

【緊急】「仕事に行きたくない…もう倒れたい…」という社畜に教えたい「ストレス」のぶっ飛ばし方3選

2020/02/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

【SOS】職場に行きたくないから腹いせにあなたに急いで教えなきゃいけない「ストレス」の正しい対処方法3つ!

 

 

ソ仕事。

ゲロ仕事。

もう、マジでどうなってもいいから。

俺をぶっ倒れさせてくれよ!

 

 

「落ち着いてください」

 

結論からいいます。

 

倒れても。

入院しても。

運ばれても。

精神的にぶっ壊れても。

 

あなたが損するだけです。

 

 

あなたの気持ちものスゴクわかります。

 

私も過去に何度も同じことを思いました。

 

「ぶっ倒れたほうが楽だ。」

 

「早く倒れないかな。」

 

「倒れたら…少しはねぎらってくれるかな…。」

 

ハッキリいいます。

 

あなたが倒れようとも。

 

会社は、あなたを助けてはくれません。

 

「うっせぇ!もう考えるのに疲れたんだよ!」

 

「落ち着いてください」

 

あなたがやるべきことは。

今の状況が

「異常」

だと気付くことです。

 

そうです。

異常です。

 

私たちは「幸せ」になるために生きています。

「生きる」ために「仕事」をします。

 

なのに。

気付けば。

「仕事」のために「生きてる」…。

 

おかしくないですか?

 

 

私はあなたの気持ちが痛いほどわかります。

なぜなら私も同じ状況だったので。

 

というワケで、私があなたにお伝えしたいのは。

 

今のあなたの状況が「めちゃくちゃヒドイ状態」だと気付かせ。

 

「ストレス」との正しい戦い方を教えることだと思いました。

 

敵との闘いかたがわかれば。

 

効率よく倒せるはず!

 

 

寝ても覚めても頭から離れないないよ仕事に関する思考。

 

頑張れどへらない ToDo リスト。

 

大して仕事を頑張ってもいないのに自分と給料が大して変わらない同僚。

 

「他にもっとイイ言い方ないの?」

 

と思わずにはいられないクソ上司。

 

いつも一生懸命頑張っているあなたに襲いかかる魔の手。

それこそが「ストレス」です。

 

できれば、このストレスを全く感じないで生きていきたいもの。

 

しかし、効果的な戦い方があるのをご存知ですか?

 

「ストレス」の対処方法を知り、「ストレス」に対する考えを変えるだけで効率よく戦うことができます。

 

今回はその話をしていきたいと思います。

 

1.「仕事行きたくないから倒れたい」ほどの『ストレス』から遠ざかる

 

つ目。

 

ストレスの「対象」から遠ざかるです。

 

ストレスを感じているヤツから離れましょう!

 

「( ゚Д゚)ハァ?できたらやってるよバカ!」

 

と思うかもしれませんが。

 

あなたがそのストレスの発信源にいる限り。

 

そのストレスはずっと受け続けてしまうことになります。

では一体どうすればいいのでしょうか?

 

(1)転職のススメ

ず最初に考えてもらいたいのは「転職」です。

 

あなたが現在いる職場、あなたの人生にとって本当にプラスになっているでしょうか?

 

「なってねーよ!」

 

あなたに全くもってマイナスしか及ぼしていないのであれば。

転職を考える時期が来ていると思います。

 

30代を過ぎてから転職を2回した私から言わせていただくと。

「転職したからといって人生が思いっきり変わるものではありません。」

 

「一体なにが言いたいんだよ…( ´д`ll)」

と思うかもしれませんが、これも言わせてください。

「なにもしないよりマシだった」

 

何もしないで行動しないで待っていても、結局現実は変わらず、環境はずっとそのままです。

ひたすら受け身で攻撃を受け続け、受け流すこともなく、耐え続け。

 

あなたの精神はあっという間に病気に侵されてしまうことでしょう。

それまで待ちますか?

 

それでもいいのですか?

 

「もう限界だ!」

 

そう高らかに同僚に言ったのであれば。
友達に言ったのであれば。

 

妻に言ったのであれば。

あなたの限界はとくに来ています。

 

まずはその職場から離れることを考えましょう。

 

または違う部署に行くなど、

「どうすればこの現状をいい方向に持っていけるか?」

を考えていきましょう。

 

 

(2)副業のススメ

に、「何でもいいので」副業を考えてみましょう。

 

今の時代たくさんの人が副業に関するブログなどを作成しています。

無料でたくさんの情報を得られます。

 

実際、私も無料の情報だけで「1万円」程度の収入を得ました。

 

今私たちが辛いのは、 会社に依存しなくてはいけないから。

収入の柱が「会社の給料」という一本しかないからです。

 

だからあんなクソみたいな会社にペコペコしなくてはいけないのです。

あんなクソみたいな上司にゴマを剃らなきゃいけないのです。

あんなクソみたいな同僚と一緒に会話をしなくちゃいけないのです。

 

もうそんなことするの嫌じゃないですか?

アホと一緒にいるのって疲れますよね?

 

話の通じない馬鹿と一緒にいると精神すり減りますよね?

 

自分の好きなことも全然できずに毎日怒られてばっかり。

 

もう疲れましたよね?

あなたがあなた自身で収入の柱はもう一本。

 

会社、クソ上司なんぞにペコペコしなくてもいいよう自分で稼げるようになりましょう。

コレは時間がかかるかもしれませんが、少しずつ少しずつ一緒にやっていきましょう。

 

2.「仕事行きたくないから倒れたい」ほのどストレスの「とらえ方」を変える

つ目。

ストレスのとらえ方を変えます。
ストレスの見方を変えます。

 

「( ゚Д゚)ハァ?なんでこっちが変えなきゃいけないんだよ!」

落ち着いてください。

 

あなたが最高の人生を手にするのに必要なスキルです。

今のあなたがダメって言ってるんじゃないんです。

 

 

手にしておくとムキムキです。

ライデインみたいなモン(?)

 

ストレスに対する意識を変える必要があります。

ストレスに関する価値観を変える必要があります。

 

「パラダイム・シフト」って言ったりします。

 

では。行ってみましょう。

 

(1)ストレスは成長させてくれるもの

タンフォードのストレスを力に変える教科書」では

「ストレスは成長させてくれるもの」

と言っています。

 

 

「オイオイ…まじかよ…冗談言わないでくれ…」

 

どういうことか?

 

たしかに、ストレスは私達の体に沢山の影響を及ぼします。

 

それは紛れもない事実。

ストレスで「うつ病」などの精神疾患を及ぼしますし、「胃潰瘍」など、ストレスで胃液過多になり胃に穴をあけてしまうことすらあります。

 

しかし、人間はストレスで成長するのです。

 

どういうことか?

 

たとえばスポーツ選手の場合。

息があがるどころか吐きそうになるまで自分を追い込むトレーニングをします。

 

これは、紛れもないストレスです。

 

が、彼らはそれを乗り越えることにより成長し、一流のスポーツ選手を目指すのです。

 

「いやいや、俺はスポーツ選手じゃないし…」

 

と思われると思うので、これからの人生を良くしようと思っているあなたはこう考えてください。

 

クソみたいなやつが寄って来てグチグチ言ってきたら。

今までのあなた

「あぁストレスだぁなんでこんな人生なんだぁ」
と落ち込んでいた状態

 

今度からのあなた

「おぉっ!今日もこいつはクソだなぁwうっしゃ!これでまたこのクソみたいな出来事を乗り越えて精神的に成長していくぞぉ!」

という状態に変えていきます。

 

 

「そんなん全部無理…」

 

と思われるかもしれませんが、 もちろん全部100%必ずとは言いません。

 

私も100%はできていません(笑)

 

精神を鍛えるために瞑想を11時間以上続けていますがそれでもイラッとすることは多々あります。

 

この考え方の変化によって…。

 

クソみたいな出来事はだいたいザコの経験値ととられるようになりました(笑)

 

今あなたがくらっているストレス。

必ずどこかに生かせます。

 

絶対。

 

(2)ストレスは「大切なものが脅かされていること」を教えてくれるモノ

トレスが教えてくれることがあります。

もちろん身体の反応などクソむかつく感情などがありますが。

 

これは私はとっても「はっ」としたので是非とも覚えておいていただきたいのですが。

ストレスは「あなたが大切にしているものが脅かされていること」を教えてくれるものです。

 

めちゃ大切なのでもう一回。

あなたが大切にしているものがありますね?

それが、おびやかされている、恐怖にさらされていることを、教えてくれているんです!

 

 

つまりどういうことかと言うと。

 

職場であなたが有給を取ろうとしてます。

子供の授業参観のためです。

決して、自分が休みたいからではありません。

 

それと上司にこう言われました。

 

「この忙しい時期に?」

この返事でとてもイラッとし。

 

有給って好きに使えるんじゃないの?

 

ここで感じたいことは。

このストレスによってあなたは何が脅かされたのかと思い出すことです。

 

この例でいけば、

あなたは子供をとても大切に思っているということです。

 

会社のクソみたいな仕事とは比べ物にならないほど、子どもを愛しているのです。

 

子供の成長がなにより大切なことであり、あなたにとってその「子どもの成長を見る機会」を脅かされたことになります。

 

 

 

これ覚えておくだけで、自分の感情を客観視することができます。

是非覚えておいてください。

 

3.「仕事行きたくない」自分がストレスに強くなる

 

つ目。

ストレスに強くなりましょう。

 

メンタルの強さも筋肉と同じで鍛えることができます。

 

あの本田圭佑選手のメンタルを見てると惚れ惚れしますが、あんなメンタル、決まった人しか手にすることができないと思っていないでしょうか?

 

実はそんなことはないのです。

最近の研究ではメンタル強化の方法が明らかになっています。

ではいってみましょう。

 

(1)瞑想

想でなんかスピリチュアルな感じがして嫌なんだけど…」

という声が聞こえてくるかと思いますが。

 

私もそうでした(笑)

ただ1日20分を週に4回、それを八週間続けたところ、脳の前頭葉が肥大化したことが確認されたそうです。

 

この前頭葉、要するに「人間らしさ」を司る部分で、ここが大きくなったということは、集中力上がったり、感情的になりにくくなるのです。

 

こんなスゲー研究結果を目にしたので、まぁやってみようかなとやってみたところ…。

 

「ヤッバ!効果エゲつないんだけど!」

 

とまではいきませんが、

めちゃくちゃ怒りにくくなりました。

 

穏やかになりました。

集中力が増しました。

 

というワケでやらない理由がないんですよね。

1日3分でいいのでやってみてください。

 

(2)運動

動もあなたのストレスを効果的に排除してくれるものの一つです。

社会人になってしまったらあまり時間が取れず今までやっていた趣味のスポーツも全く出来なくなってしまったんじゃないでしょうか。

 

また疲れのあまり今日はいいやまた今度また今度を続けて気づけばはるか昔に遠ざかってしまったのではないでしょうか。

 

それはあまりにももったいない。

瞑想と並び運動は人生がとっても良かったに豊かにしてくれることが研究でわかっています。

 

運動も絶対に行った方がいいのです。

社会人になってなんか風邪ひきやすくなったなとか落ち込みやすくなったなっていうのは運動を全くやらなくなってきたことも関係あると思います。

 

実際私は運動を始めるようになって落ち込みにくくなりました。

また集中力も上がりましたし実際運動しない週と運動する週では気分の落ち込み様が全然違うのです。

 

趣味であったバスケを最低一回でもするようにし。

また犬の散歩は毎日続けています。

 

あなたも、1日5分からでいいので、散歩から初めてみませんか?

 

まとめ

 

ストレスとは効率的に戦え!

 

あなたもストレスとの効果的な戦い方を覚えて難なく仕留めましょう。

 

今までストレスは怖いものという考えがあったでしょうがこの記事を読んだことによりストレス対する考えが変わってくれることを願っています。

 

是非知識として入れただけなくやってみてくださいね。

 

やってみないと全く効果は得られません。

 

頭の中に知識として入ってるだけで行動が変わらないのであればそれは他の人から見たら何も変わっていないからです。

ぜひこの中の一個でもいいので試してやってみてください。

 

心からお願いいたします。

 

ではまた。




----------




お忙しい中、最後までお読みいただき誠にありがとうございます!

なにかしらの参考になれば幸いでございます。





お金が無さすぎて転職するも、うまくやれず会社を一週間無断欠勤。

その後、精神科を受診。

「誰も助けてくれない」ことを肌で感じ副業を始めました。



現在少しずつですが軌道に乗り始めていますが…



>>詳しくはコチラをクリック!<<





スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

えッ?感想コメント?お待ちしてます!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© そして自由になった , 2019 All Rights Reserved.