30代システムエンジニアが妻と子供2人と自由で幸せになるためにがむしゃらに行動するサイト

第1章 小学生編 世の中金!

2018/01/24
 
スポンサードリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!ヒロタロウです!

現在会社員である私がネットビジネスで自由を手にするまでの軌跡を描いたブログです。

会社に依存する事なく、生活に困ることのない金銭を得て、家族との時間を今よりももっと大切にできる事を目標とし、人生をよりよいものにするため日々頑張っております。

そして、このブログが、過去の私と同じ状況である人達の励ましになる事を心から祈っております。

そしてそして、私自身、日々楽しく笑いながら生きます!

生ぎるッッ!!

詳しいプロフィールはこちら

インターネットビジネスで稼ぐぞ!と決意するまでの物語~第1章~

 

ーーーーーーーーーー…………

第1章:小学生編 世の中金! ⇐今ここ

第2章:中学生編 所詮は世の中お金

第3章:高校生編 アルバイト奴隷

第4章:大学生編① クソみじめ貧乏

第5章:大学生編② お金さえ…お金さえあれば…

第6章:社会人編① 社畜スタート

第7章:社会人編② 社畜の憤慨

第8章:社会人編③ 精神崩壊と決断

ーーーーーーーーーー…………

 

 

【小学校編】

 

男3人兄弟の真ん中。

気が弱く、いつも泣いてばかりでした。

 

 

ちなみに小学校は親の事情で3回変わってます(笑)
関東→東北→関東です。
なので、幼なじみってうらやましいな~って思うんです。

 

 

家の経済状況としては、食べるものもない!極貧!とまでは行きませんが、
あまりよろしくありませんでした。

 

 

給料日間近でお金がない…となると、
お昼ご飯はシーチキンだけ…とかだったり、
マーガリンご飯だけ…だったり…
卵かけご飯だけ…だったりしました。
※お米だけは実家が送ってくれるので困っていなかったようです。

 

 

当然、お小遣いはなく、お手伝いするともらえるお金を大切に使ってしました。

 

 

友達と駄菓子屋に行くと、50円のゴールドバーというチョコを買っているのを見て
「お金持ちだなぁ」と思っていました。

 

また、ブタメンという小さいカップヌードルを買っているのを見て
「お金持ちだなぁ」と思っていました。

 

 

駄菓子屋から出る時に袋に入れてもらわなくてはならない程買える人を見て
「お金持ちだなぁ」と思っていました。

 

 

僕のお財布には10円か20円しか入っていなかったので、
基本的に「うまい棒」しか買いませんでした。

 

 

10円であのおいしさ、あのボリューム、他の駄菓子を買う理由がわかりませんでした。
もちろん完全なるひがみです。

 

 

ゲームもなかなか買ってもらえませんでした。
僕が小学生の時は「スーパーファミコン」→「nintendo64」に移り変わっていた時でした。

 

 

男子小学生なので、ゲームがおもしろくておもしろくて仕方がない年ごろです。

 

 

家にはないので友達の家にばかり遊びに行っていました。
家にいるのはつまらないと思っていたのです。

 

 

「このゲームはもう飽きた」
とか言っている奴にびっくりしました。

 

 

だって、飽きる程ゲームをしたことがなかったから。

 

 

ゲーム機を持っている家をすごいお金持ちだと思っていたし、
自分の家を貧乏だと思わずにはいられませんでした。

 

 

お年玉も基本的に親に半額以上は没収…
それをさらに兄弟で3等分とかでしたので、
1万円以上もらった事がありません。

 

 

なので、
「お年玉10万ももらっちゃった!」
とか言っているやつをほんとに憎いと思っていました。

 

 

「お年玉の貯金だけで100万あるよ!」
と言っている奴をぶん殴ってやりたかった。

 

 

「貯金なんて貯める金もねぇのにどうやってやんだよ!
貯めるくらいなら使わせてくれよ!!」
こう思いました。

 

 

なんでこんなに差があるんだろう。
どうして生まれた家庭によってこんなに違ってしまうんだろう。
何故、僕の家はお金持ちじゃないんだろう?

 

 

小学生の僕はこれでひたすら悩んでいました。

 

 

本当に恥ずかしい事ですが、
これらの事で親をだいぶ憎んでいました。

 

 

「それくらいで親を憎むとかバカなんじゃないの?」とか思われるかもしれませんが、

 

 

それでも僕はお金が欲しくて欲しくて仕方ないと思っていました。

 

 

自分が本当に欲しいものを欲しい時得られない。

 

 

やりたい時にできない。

 

 

自分が欲しいものを、他の人は持っているという劣等感。

 

 

この頃既に
「世の中金だな」
と思っていました。

 

 

なんてかわいくない子供なんでしょう(笑)

 

 

貧乏根性をしっかりと育んだ小学生時代でした。

 

 

⇒第2章 中学生編 所詮は世の中お金




----------




今回もお忙しい中、
記事をお読みいただき誠にありがとうございます!!!!!

これらの記事がなにかしらの役に立てたらば幸いでございます。



オラオラオラアッ!!!





メルマガでしか話せない事発信しています。



今なら登録特典プレゼントあります。

僕が何故インターネットビジネスを始めたのか…

⇒詳しくはコチラをクリック





この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!ヒロタロウです!

現在会社員である私がネットビジネスで自由を手にするまでの軌跡を描いたブログです。

会社に依存する事なく、生活に困ることのない金銭を得て、家族との時間を今よりももっと大切にできる事を目標とし、人生をよりよいものにするため日々頑張っております。

そして、このブログが、過去の私と同じ状況である人達の励ましになる事を心から祈っております。

そしてそして、私自身、日々楽しく笑いながら生きます!

生ぎるッッ!!

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© そして自由になった , 2018 All Rights Reserved.